Ventlax カメラ クリーニング キット レンズ お手入れ 6点セット ( クリーナー レンズペン ブロアー など) 初心者 〜 上級者 まで対応

Ventlax カメラ クリーニング キット レンズ お手入れ 6点セット ( クリーナー レンズペン ブロアー など) 初心者 〜 上級者 まで対応
あなたの大切なカメラ、 しっかりとお手入れしてますか? 一眼レフカメラやレンズは非常にデリケート。 使い終わった後に付着する顔や手の油分、 ホコリなどをそのまま手入れせずに放置すると、 カビや変色、レンズの劣化の原因に。 だからといってゴシゴシ擦るのもNG! ①ダストブラシでホコリ、ゴミを払い落とす まずはダストブラシでカメラ全体をブラッシングしていきます。ケーブル差込口やポップアップのフラッシュ辺りもホコリや汚れが溜まりやすいので払い落とします。 ※レンズのガラス部分やファインダー内部はブラッシングを控えてください。 ②ブロアーで小さいホコリを吹き飛ばす 外面の大まかなブラッシングが終わったら、次はブロアーを使って細かな部分や繊細な内部のホコリ、ゴミを清掃していきます。 本体からレンズを慎重に取り外し、内部やレンズのホコリを吹き飛ばすのですが、このときにホコリが下に落ちるように必ず画像のように吹きかける側を下に向けて行います。 ③レンズペンでレンズ表面の汚れを落とす レンズペンのキャップを取るとレンズクリーニング用の小さなブラシが出てきます。それでレンズ表面に付着した指紋などの油汚れを取り除きます。あまりに汚れがひどい場合を除き、基本的には何もつけなくても綺麗に落ちます。 ④全体をクロスで拭く 最後に全体をマイクロファイバークロスで拭いていきます。 液晶画面や、顔や手の皮脂汚れが付着しているであろう部分を含めて全体を拭いて完成です。 使い終わった後に付着する顔や手の油分、 ホコリなどをそのまま手入れせずに放置すると・・・ ・写真の写りに影響が出る! レンズ表面は最も外部に晒される部分。 汚れが最も付着しやすい場所で、レンズの汚れは画像にそのまま写り込み、せっかくの写真に影響がでます。 後々、故障の原因になる! 本体センサー内や、レンズと本体を接続する電子接点、各種ケーブル類の挿入口などホコリやゴミが付着したままになっていると後々故障の原因になることも。 カビや変色の原因になる! レンズはガラスだからカビは生えないと思ったら大間違い。 人の油脂や指紋、ゴミやホコリはカビ増殖の養分となります。 小器官湿気のある場所での保管、ケースやバッグにしまいっぱなしは要注意です。 レンズ等の劣化の原因になる! カメラレンズには特殊なコーティングがされています。 手入れをせず放置したままだと劣化の原因になります。

Ventlax カメラ クリーニング キット レンズ お手入れ 6点セット ( クリーナー レンズペン ブロアー など) 初心者 〜 上級者 まで対応について詳しく見る

Ventlax カメラ クリーニング キット レンズ お手入れ 6点セット ( クリーナー レンズペン ブロアー など) 初心者 〜 上級者 まで対応

Ventlax カメラ クリーニング キット レンズ お手入れ 6点セット ( クリーナー レンズペン ブロアー など) 初心者 〜 上級者 まで対応
あなたの大切なカメラ、 しっかりとお手入れしてますか? 一眼レフカメラやレンズは非常にデリケート。 使い終わった後に付着する顔や手の油分、 ホコリなどをそのまま手入れせずに放置すると、 カビや変色、レンズの劣化の原因に。 だからといってゴシゴシ擦るのもNG! ①ダストブラシでホコリ、ゴミを払い落とす まずはダストブラシでカメラ全体をブラッシングしていきます。ケーブル差込口やポップアップのフラッシュ辺りもホコリや汚れが溜まりやすいので払い落とします。 ※レンズのガラス部分やファインダー内部はブラッシングを控えてください。 ②ブロアーで小さいホコリを吹き飛ばす 外面の大まかなブラッシングが終わったら、次はブロアーを使って細かな部分や繊細な内部のホコリ、ゴミを清掃していきます。 本体からレンズを慎重に取り外し、内部やレンズのホコリを吹き飛ばすのですが、このときにホコリが下に落ちるように必ず画像のように吹きかける側を下に向けて行います。 ③レンズペンでレンズ表面の汚れを落とす レンズペンのキャップを取るとレンズクリーニング用の小さなブラシが出てきます。それでレンズ表面に付着した指紋などの油汚れを取り除きます。あまりに汚れがひどい場合を除き、基本的には何もつけなくても綺麗に落ちます。 ④全体をクロスで拭く 最後に全体をマイクロファイバークロスで拭いていきます。 液晶画面や、顔や手の皮脂汚れが付着しているであろう部分を含めて全体を拭いて完成です。 使い終わった後に付着する顔や手の油分、 ホコリなどをそのまま手入れせずに放置すると・・・ ・写真の写りに影響が出る! レンズ表面は最も外部に晒される部分。 汚れが最も付着しやすい場所で、レンズの汚れは画像にそのまま写り込み、せっかくの写真に影響がでます。 後々、故障の原因になる! 本体センサー内や、レンズと本体を接続する電子接点、各種ケーブル類の挿入口などホコリやゴミが付着したままになっていると後々故障の原因になることも。 カビや変色の原因になる! レンズはガラスだからカビは生えないと思ったら大間違い。 人の油脂や指紋、ゴミやホコリはカビ増殖の養分となります。 小器官湿気のある場所での保管、ケースやバッグにしまいっぱなしは要注意です。 レンズ等の劣化の原因になる! カメラレンズには特殊なコーティングがされています。 手入れをせず放置したままだと劣化の原因になります。

Ventlax カメラ クリーニング キット レンズ お手入れ 6点セット ( クリーナー レンズペン ブロアー など) 初心者 〜 上級者 まで対応について詳しく見る