ポケモンGO・私はこれで会社を辞めました

ポケモンGO・私はこれで会社を辞めました
ポケモンGOのせいで退職届を出すに至った社員の悲喜劇

サラリーマン小説家に降りかかる激動の嵐


ラノベ・BLの枠を越える長編ラブストーリー
2016年7月に配信が開始されたポケモンGO。ライトノベルを書くのが趣味の入社4年目の営業マン、七田航平はポケモンGOに只ならぬインパクトを感じ、ポケモンGOを題材とした恋愛小説「ポケモンGOに気を付けて」をアマゾンで電子出版した。5日間の無料キャンペーン中に千冊を超えるダウンロードがあり、有料販売も順調にスタートした。

七田航平は8月下旬の時点でトレーナーレベルが27になり営業部でトップだったが、外回りの徒歩での移動中や客先での待ち時間にはポケモンGOをするのが習慣だった。ところが、執務時間中に社員がポケモンGOをすることをやめさせたい会社側の抜き打ち検査の結果、七田航平のポケモン三昧が発覚し、見せしめに厳しい処分が申し渡された。

総務部に異動となり、不本意な仕事を押し付けられた七田航平は、最早これまでと観念し、人事部に退職届を叩きつける。

七田航平はポケモンGO作家として食べていくことを決意し、新たな一歩を踏み出すのだった。

そんな七田航平に数々の逆境が次から次へと怒涛のように襲いかかる。

ポケモンGO・私はこれで会社を辞めましたについて詳しく見る